病院指標

平成29年度 総合病院南生協病院 病院指標

ページのTOPへ戻る

年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 126 86 187 299 468 521 1053 1581 1441 577

平成29年度中に当院を退院した患者様を年齢階級別に集計いたしました。
60~90歳までの患者様が大多数を占めています。
近隣の社会福祉施設等に入所されている方の入院もよくみられます。

ページのTOPへ戻る

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 262 23.61 20.83 9.92 83.86
050130xx99000x 心不全 188 20.06 17.71 6.38 82.9
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 122 2.49 3.03 0.82 68.61
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 97 17.14 12.34 5.15 77.18
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 79 15.84 15.12 3.8 83.37

肺炎、気管支炎での入院は、約70%が75歳以上の方である。日常生活の中で状態が悪化したもの。
心不全は、約80%が75歳以上の方であった。

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 14 4.21 5.94 0 1.21
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 14 1.29 2.54 0 6.21
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 12 5.5 5.70 0 4.17
040100xxxxx00x 喘息 10 4.8 6.32 0 3.3
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 6 3.83 6.18 16.67 0

入院となっているのは、当院産婦人科での出生後の呼吸管理・血糖管理や、黄疸等の対応。
肺炎、急性気管支炎では、日常生活の中で状態が悪化したものが主である。
食物アレルギーの検査入院も行っています。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 50 8.94 7.40 0 61.56
060150xx03xxxx 虫垂炎 49 6.67 5.56 0 40.18
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 47 3.15 4.47 0 63.28
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 40 7.48 7.87 0 49.25
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 36 9.58 8.98 0 68.92

外科入院で多いのは「結腸がん」「直腸肛門」に対する手術です。
虫垂炎、鼠径ヘルニアの手術も多数占めています。
虫垂炎は緊急入院がほとんどをしめています。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 90 27.93 27.09 48.89 83.07
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 57 22.49 19.94 33.33 81.26
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 13 23.92 15.22 46.15 88.92
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 11 9.27 9.88 9.09 54.45
160980xx99x0xx 骨盤損傷 11 29 19.97 45.45 85.09

整形外科の入院で一番多いのは大腿骨または大腿骨付近の骨折であり、平均年齢は83.07歳と高齢者に多く見られる疾患です。

産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 69 24.74 20.41 4.35 30.28
120140xxxxxxxx 流産 33 1.85 2.43 0 33
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 29 10.48 9.91 0 47.07
120160xx99xxxx 妊娠高血圧症候群関連疾患 21 6.05 7.45 4.76 33.76
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 16 10.44 10.27 0 41.75

出産(自然分娩)はこちらの件数にはいっていませんが、産婦人科入院では切迫早産の入院が多くなっています。
切迫早産においては安静が必要になるため比較的長期的な入院になる傾向があります。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
020220xx97xxx0 緑内障 9 4.44 8.51 0 70.44
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 7 5.43 7.31 0 71
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 5 1.2 3.32 0 68.8
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 4 1 3.29 0 78
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 3 4.33 7.38 0 73.67

眼科入院は比較的短期間で退院される傾向があります。
また、1つの疾患に偏らず、様々な疾患で入院されています。

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 13 6.46 5.48 0 32.46
030390xx99xxxx 顔面神経障害 8 7.5 9.45 0 53.88
030400xx99xxxx 前庭機能障害 8 6 5.15 0 69.5
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 6 6.83 7.22 16.67 36
030428xxxxxxxx 突発性難聴 6 9 9.18 0 56.33

耳鼻咽喉科は入院数が多くありません。
扁桃炎、急性咽頭喉頭炎が一番多い疾患となっています

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
080011xx99xxxx 急性膿皮症 8 9.88 11.73 12.5 71.5
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 1 68 17.16 0 54
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 1 2 4.14 0 37
080007xx97xxxx 皮膚の良性新生物 1 2 6.09 0 88
080011xx970xxx 急性膿皮症 1 79 45.45 0 81

皮膚科主科での入院は多くありませんが、上記皮膚疾患の他にも褥瘡の重症化、褥瘡からの感染にて入院加療される方もいらっしゃいます。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 29 6.45 7.31 0 68.59
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 16 9.56 12.34 0 67.69
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 11 5.73 5.75 0 63.82
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 11 2 2.73 0 47.73
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 10 8 8.94 0 75.4

泌尿器科入院の疾患で一番多いのは上部尿路疾患に該当する「腎臓または尿路の感染症」です。

ページのTOPへ戻る

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 38 23 13 40 4 3 1 7
大腸癌 42 51 80 124 33 42 2 0
乳癌 33 21 5 12 1 12 1 7
肺癌 8 4 8 52 51 9 1 7
肝癌 7 1 5 2 8 7 2 0

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

平成29年度の部位別の初発5大癌のUICC病期分類ならびに再発患者数を集計致しました。

stageI…
早期発見と言われる段階。癌の腫瘍が少し広がっているが、筋肉の層まででとどまっており、リンパ節に転移はしていません。
治療の選択肢も比較的多く、手術によって切除も可能です。5年生存率も高いです。
stageⅡ…
癌の腫瘍が筋肉の層より深く広がっている、または、癌の腫瘍は広がっていないがリンパ節に転移している状態。
癌の広がりやリンパ節に転移しているかどうかによって治療は異なり、また選択肢はstageⅠよりも少なくなります。
stageⅢ…
癌の腫瘍が広がっており、リンパ節にも転移が見られる状態。
手術で腫瘍切除しての根治治療より、化学療法・内分泌療法など薬の治療が中心となってきます。また5年生存率もstageⅢ以上になると大きく下がります。
stageⅣ…
癌の腫瘍が原発部位を超えて、他臓器への転移が見られる状態。
治療内容は限られてきており、症状緩和を行うために、癌の痛みを軽減するための薬も使用することもあります。

※リンパ節転移の有無がstageⅠとstageⅡを大きく分けるポイントとなります。
胃癌、大腸癌、肺癌はかなり進行した状態で発見されることが多く、乳癌は比較的早期の段階での発見が多く見られます。

ページのTOPへ戻る

成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 63 10.78 52.48
中等症 193 15.95 79.13
重症 81 21.35 84.17
超重症 21 22.1 90.48
不明 0 0 0

肺炎では重症度が高くなるほど平均年齢も上がってきます。
肺炎患者では高齢者がほとんどを占めています。

ページのTOPへ戻る

脳梗塞の患者数等 ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 64 23.66 78.53 27.54
その他 5 18 81.4 2.9

脳梗塞の患者数が最多となりました。
傷病による障害のリハビリのため、回復期病院へ転院される方が多くみられます。

ページのTOPへ戻る

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 287 0.38 1.25 0.35 65.76
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 44 15.86 29.32 31.82 75.16
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 43 1.19 2.21 0 66.19
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 38 1.26 4.87 7.89 70.05
K654 内視鏡的消化管止血術 34 1.12 11 2.94 72.74

便潜血検査で陽性となった方に対して、内視鏡検査を行いポリープの切除を行った方が、内科の手術で最も多くなっています。
経皮的冠動脈ステント留置術とは、多くは狭心症の方に対し心臓の血管の拡張を目的としてステントと呼ばれる金属を入れる手術です。他に心房細動に対しての経皮的カテーテル心筋焼灼術も38件あり積極的に行われています。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 64 1.28 4.41 0 67.06
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 62 2.29 5.53 0 60
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 41 0.15 1.02 0 65.8
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 33 0.97 4.82 0 37.55
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 32 4.69 16.81 6.25 70.56

胆のう結石症、胆のうポリープの症状の方や鼠径ヘルニアの方に対して、腹腔鏡による手術を行っています。画像を見ながら腹壁を貫通させたトロッカーを通して、鉗子類を腹腔内に挿入して行う手術です。腹壁を損傷させないことから、術後の疼痛が軽く、入院期間や回復期間も短縮し、美容的に優れているので、手術の適応がある方にお勧めしています。腹腔内に高度の癒着や重症の炎症がある方には適応外で、他の術式が検討されます。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0461 骨折観血的手術(大腿) 75 4.65 22.53 46.67 82.63
K0462 骨折観血的手術(前腕) 21 1.43 15.81 23.81 60.71
K0811 人工骨頭挿入術(股) 16 5.63 18.88 56.25 81.31
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 11 0.55 4.27 0 59.36
K0482 骨内異物(挿入物を含む)除去術(上腕) 6 0.67 5.33 0 50.5

上位に骨折観血的手術が大多数占めており、大腿部の手術に関しては平均年齢が高い方が多くみえます。
人工骨頭挿入術とは、大腿骨が折れ再びつなげることが難しい方に対し行われます。骨盤のくぼみには大腿骨の一部(骨頭)がはまっています。この骨頭を取り出し、人工の骨頭と入れ替える手術です。

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K877 子宮全摘術 30 2.1 8.43 0 48.73
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 29 0.76 0.1 0 33.28
K861 子宮内膜掻爬術 19 0.47 0.63 0 47.95
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 16 1.75 7.5 0 39.69
K867 子宮頸部(腟部)切除術 14 1.07 1.07 0 41.36

流産手術は、妊娠初期に胎児の心拍が確認できず、後日、手術となった方です。
また子宮内の組織が良性か悪性か判断するためのに子宮内組織を採取する子宮内膜掻爬術も実施しております。
その他、予定日より早い段階での分娩を回避するために子宮頸管縫縮術(マクドナルド法)も医師の判断により行っております。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 186 0.05 1.11 0 73.11
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 15 0.07 3.67 0 70.07
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 7 0 0 0 78.14
K2684 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術)(プレートなし) 6 0.33 2.83 0 66.33
K214 霰粒腫摘出術 1 0 1 0 26

白内障に対する水晶体再建術が圧倒的に多く、309件の手術件数となりました。片眼ずつ1泊2日で2週間程度の間を空けて行われる方が多いのですが、希望によって、日帰り手術や、1週間程度の入院期間で両眼の手術を行うなど対応しています。
糖尿病性網膜症や硝子体出血や混濁の症状がある方には、硝子体茎顕微鏡下離断術も行っています。

耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 6 0.17 5.67 16.67 36

耳鼻咽喉科は現在、外来診療が中心です。手術自体の件数は少なく、必要に応じて、実施しています。

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 1 0 1 0 37
K013-21 全層植皮術(25cm²未満) 1 0 1 0 88

皮膚科は手術自体の件数は少なく、必要に応じて実施しています。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 56 0 1 0 52.64
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 31 0.58 5.19 0 68.9
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他) 11 0.82 3.91 0 63.82
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 10 0.9 5.8 0 60.9
K799 膀胱壁切除術 5 0 3.2 0 66

腎・尿管結石の方のへの対応が、泌尿器科の手術の大部分を占めています。
膀胱の悪性腫瘍に対しての手術は、60歳以降の方から対応が多くなりました。尿道から内視鏡を挿入して切除するため、開腹は行いません。
経尿道的尿管ステント留置術とは、尿管が閉塞し排尿困難となった方に対し、尿の通り道を確保するために行われます。

ページのTOPへ戻る

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 4 0.06
異なる 18 0.28
180010 敗血症 同一 8 0.13
異なる 30 0.47
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 2 0.03
180040 手術・処置等の合併症 同一 22 0.35
異なる 0 0

播種性血管内凝固症候群(DIC)・・・本来血管内では血液が凝固しないような仕組みをもっていますが、播種性血管内凝固症候群は、様々な重症の基礎疾患※(1)のために過剰な血液凝固反応が起こり、全身の血管内で小さな血栓が多発して臓器不全、出血傾向が見られる予後不良の疾患です。
※(1)重篤な基礎疾患とは→悪性腫瘍(癌)、敗血症、外傷、熱傷をはじめ様々な重症疾患が原因となる可能性があります。

敗血症・・・肺炎、腎盂腎炎など生体(臓器)のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な感染症状を引き起こす症候群です。また、悪性腫瘍の化学療法によって免疫力が低下した場合に合併することがあります。症状は、悪寒、著しい発熱、倦怠感、鈍痛、認識力の低下や臓器障害、血圧低下も見られます。また、進行すれば錯乱などの意識障害をきたすこともあります。

その他真菌感染症・・・免疫力が低下している時に真菌(カビ)が、体内に入り込んで感染したり、皮膚に付着して感染する疾患です。代表的な病名ではカンジタ症、アスペルギルス症、肺真菌症などがあり、抗真菌薬を使用して治療行います。

手術・処置等の合併症・・・手術、処置後に創部より感染が起こったり、手術・処置を行ったことが原因で新たに治療が必要になった場合のことを示しています。

※上記図の入院契機「同一」、「異なる」とは、「同一」は入院と決まった際の主病名と退院時の主病名が同じ病名であり、「異なる」とは、入院時の主病名と退院時の主病名が違う病名になった場合のことです。入院時と退院時の病名が異なる理由としては入院時に診断された病名よりも入院してから新たに発症した疾患を中心に治療を行った場合や、入院後に病気の原因が発見され、その疾患を中心に治療を行った場合に、入院時と退院時で病名が「異なる」場合があります。

更新履歴:2018年9月21日 医事サービス課

ページのTOPへ戻る

【関連ページ・関連サイト】
医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

ページのTOPへ戻る

  • 診療予約受付
  • 外来診療予定
  • 救急でお困りの方
  • 面会のご案内
  • コープ 健診・ドックセンター
  • コープ フィットネスクラブ ウィッシュ
  • 各種療養相談・お問い合わせ&ご相談
  • メディア掲載情報
  • 地域医療連携医のご紹介
  • 総合病院南生協病院 病院指標
  • 相談連携室
  • 緩和ケア病棟
  • 紙芝居で学ぼう!がん検診のつぼ!
  • 天然ガスコージェネレーション
  • 採用情報